> エンジニアインタビュー > 妻と子どもと。開発拠点立ち上げの挑戦に、家族3人で島根へ

妻と子どもと。開発拠点立ち上げの挑戦に、家族3人で島根へ (2/2)

更新日:

ー 島根での生活はどうですか?

yamaguchi6 山口さん:島根開発拠点に来てくれたメンバーと、島根暮らしをおもしろおかしく楽しんでいます。おいしいお店を開拓して教えあったり、自転車でいろんなところに訪問するのを楽しむメンバーもいます。島根オフィスで働く全員が、島根に縁もゆかりもないのですが、冒険するような気持ちでいろんな場所に訪れ、経験することを楽しんでいます。妻と子どもが会社に遊びに来るのを歓迎してくれたり、家族ぐるみで会社の行事を行ったりと、社員全員で仲良くしています。

ー 島根で働き始めてからの「変化」を教えてください。

山口さん :東京で働いているときは、電車通勤をしていました。片道1時間半ほどかかり、満員電車で、会社につくころにはすっかり疲れ果てていました。島根に来てからは、家で家族が待っていると思い、すごく遅くまで働かなくなりました。早く寝て、早く起きるような生活習慣になり、生活リズムが整いました。昔と比べて時間の使い方が変わり、よい方向になっていると感じています。
島根ライフは本当に楽しく、ここに来てから改めて、東京は「仕事の場所」だったと感じました。

ー 子育て環境は、どうですか?yamaguchi3

妻 : 私は車が運転できないのですが、子どもを連れてバスや歩きでどこにでも行きます。 どこに行っても人の温かさを感じることが多く、島根に来てそんなに長い月日が経っていないにも関わらず、趣味で始めたヨガ教室などを通じて、多くの友人ができました。 子育てに関する情報交換ができるので、初めての土地での子育ても不便さは感じません。お店を訪れた際にも、親切に接していただいたり、土地の情報などもたくさん教えていただいたりで、やさしさを感じることが多いです。
保育園の一時保育を利用していて、大変さを感じることもあまりないですね。

ー 島根で働こうかなと考えている人にひと言お願いします

山口さん : 東京を離れて開発に集中したい人には、かなりおすすめの場所だと思います。Rubyが有名で勉強会も頻繁にあり、私は東京にいたときは勉強会にはあまり行っていなかったけど、こちらに移住してからは参加するようになりました。
そして、島根は感動する景色やおいしいものが多い場所だと思います。そんな感動が日常的に体感できる場所って、なかなかないと思います。ウィークデイは仕事に集中して取り組んで、オフの日はのんびりゆっくり過ごしたい、都会で働いているときにぼんやりと思い描いていた理想の生活が、島根ならかなえられると思います。

この企業の求人情報


Share this post :

1 2

島根でエンジニアとして働きたいと思ったら、「IT WORKS@島根」に登録。
島根県内の最新求人情報の紹介や、定住までのバックアップをします。

「IT WORKS@島根」に登録

>> プライバシーポリシー