> リレーブログ > 館長はじめました。
島根UIターンリレーブログ

館長はじめました。

更新日:

みなさんはじめまして、ガリレオスコープ 野崎です。
自社の島根古民家オフィス(風神坊)でシステム開発と館長と燻製職人をしています。
Iターンしてまだ8ヶ月の私ですが、島根県に来て感じたこと・体験したことを雑多な形で皆様へお伝えさせて頂きます。

1. 島根県はツーリング・ドライブ天国

僕の移動手段は基本バイクです。休日は(天気の良い日は仕事があっても)よくツーリングに出掛けます。
松江の真ん中には雄大な宍道湖があり、少し走れば日本海沿い、反対側には奥出雲の大自然…など枚挙に遑がないほどのツーリング・ドライブコースがあります。
「大自然の中を走り回りたい」という動物のような願望があった僕にとって、この点はとても魅力的に感じました。
また島根県には「月山富田城跡」という有名な山城跡がありますが、実はそれ以外にも点在している隠れ山城・砦跡などを偶然発見することがあります。
歴史好きの僕にとってこれもたまらないポイントです。

本宮山城跡から見下ろす宍道湖と何故か一緒に写した木

2. 気兼ねなく燻せる環境

島根県に来る前は6年間東京のマンションの一室で暮らしていました。
その頃から既に燻製職人を名乗ってはいましたが、煙や匂いによるご近所トラブルを恐れ心置きなく製作活動を行えない状態が続いていました。
それがどうでしょう、島根に来てからは屋外で燻し放題。圧倒的な開放感です。
東京にいる時は窮屈に感じていたことの一切が解消された気がします。
今後は猪肉の燻製や自家製ソーセージの製造に邁進したいと思っています。

絶品島根和牛ジャーキー

3. 風神坊での生活

島根県に来てからは自社の島根県古民家オフィス(風神坊)を生活の場にしています。そこでの暮らしを季節ごとに少し紹介させていただきます。

風神坊には庭や池があり、春には様々な生き物が活動を始めます。
金魚が泳ぎ、ツバメが巣を作って、近所の犬が遊びに来ます。
時に生き物たちの残酷なシーンに遭遇することもありますが、それが自然の摂理、邪魔はしません。
ちなみに犬はひとしきり撫で回すと嬉しそうに帰っていきます。

初夏には日本海側気候の特徴でもある長雨が続きます。
そんな日は縁側で雨音を聴きながらコーヒーを飲むのも乙なもの。
リラックスする余り、働くことを忘れてしまいます。

夏の終わりには早くも気温が20°を下回るようになり、最高の日向ぼっこシーズンが訪れます。
ハンモックに乗り気持ちの良い陽光と風を浴びながらコーヒーを飲むのも乙なもの。
リラックスする余り、働くことを忘れてしまいます。

もちろん楽しいばかりではありません。もうすぐ築150年の古民家にとっては厳しい冬が訪れます。
そんな中でも日々楽しみを見つけ、これからの島根生活を堪能していきます。

4. 最後に

ここで生活をしていると、やはり東京の方が便利だと思うことも多いです。
ですがそれを補って余る生活がここにはあって、それが自分の肌にあっていると感じています。
コロナ禍の中でも少しずつコミュニティを広げ、ゆっくり根付いていけたらと考えています。

野崎さん (ガリレオスコープ ソフトウェアアーキテクト・風神坊館長・燻製職人)
野崎さん (ガリレオスコープ ソフトウェアアーキテクト・風神坊館長・燻製職人)
鹿児島・三重・東京で10年間ITエンジニアとして活動。
自由に燻製を行う地を求め島根県に辿り着く。
縁側で夕方から飲むビールが大好き。

この記事に関連する求人


Share this post :

島根でエンジニアとして働きたいと思ったら、「IT WORKS@島根」に登録。
島根県内の最新求人情報の紹介や、定住までのバックアップをします。

「IT WORKS@島根」に登録

>> プライバシーポリシー