> リレーブログ > 松江にIターンして30年
島根UIターンリレーブログ

松江にIターンして30年

更新日:

はじめまして!システムリンク)荻野です

はじめまして!システムリンクの荻野と申します。
私自身も30年前に大阪から松江にIターンしたので、UIターンに興味がある方に参考になればと思い、リレーブログに参加させていただきました。よろしくお願いいたします!
また、私は松江に在住しているので、特に松江の良さも紹介できればと思っています。

なぜIターンしたのか?

一番の理由は、「子供は田舎で育てたい」でした。当時住んでいた大阪の家は大阪空港の近くで、生まれたばかりの二女は飛行機が離着陸するたびに驚いて泣いていました。長女を連れて公園に行っても、航空燃料の燃えたようなにおいがして、、、体に良いわけはないですよね。
そんなとき、松江での開発作業があり、家族共々2年間松江で暮らしました。

その後、一度は大阪に帰ったのですが、やはり都会の生活には違和感があり、どうしようか悩んでいたところ、松江で一緒に開発をした地元の人間(今の会社の社長ですが)が独立して会社を興すというので、松江にIターンすることにしました。

Iターンしてよかったこと

(1)松江は不便でない田舎

松江は県庁所在地なので、スーパーや専門店はそろっています。その割に15分も車で走れば、自然に触れることができます。
私が松江に来た30年前は高速道路も通っておらず、大阪までの移動は大変でしたが、今は松江-大阪間を3時間40分で移動できるので、その気になれば、大阪へ買い出しにも行けます。

(2)観光地に住んでいる

松江は観光地なので、休日には、遠くに行かなくても旅行気分が味わえます。

松江城(春にはお城祭りが開催され、花見ができます)
宍道湖の夕日(写真の技術が下手なので、いまいちですが、いつ見ても感動します)
由志園さん。牡丹園がある庭園が素敵です。ゴールデンウイークには、池がボタンの花びらでいっぱいです
堀川遊覧。松江城の堀川を遊覧船が回遊していて、船頭さんが観光案内をしてくれます。手軽に旅行気分が味わえます。
遊覧船は橋の下をくぐるので、船の上にある屋根は、橋の下を通るときには、下がります。お客さんもみんな伏せて、なかなかの一体感です。

田舎暮らしで我慢しなきゃいけないこと

田舎暮らしの良い所は皆さんこのブログで紹介していただいていますが、UIターンした後に話が違うってならないために、我慢しなきゃいけないこともご紹介しておきます。

(1)車の運転が下手な人が多い

公共交通機関の発達していない田舎は車がないとやっていけません。なので、運転が苦手な人や、お年寄りも運転します。なので、車の運転には注意が必要です。
(笑い話のような話ですが、スーパーの駐車場で車の運転席からヨボヨボとして、歩くのも不自由なおじいさんが降りてきたことがあります。)
また、追い越し車線をひたすらゆっくり走る・ウインカーが遅いなどの運転に関しては我慢しなきゃいけないことは多々あります。
(ま、でも、暴走族とかもいないし、あおり運転をするような車も少ないし、その点は平和です)

(2)雪が積もる

前の晩寝るときに降ってなくても、朝になると50cmくらい積もってたりします。

雪の日は渋滞します。松江は南北が大橋川で区切られていて、4本の橋を通るしかないので、当然渋滞します。まあ考え方次第で、渋滞は構わないという人はそれで良いのでしょうが、私などは渋滞は非常に苦痛なので、普段は8時半とかに家を出るのですが、雪の日は、6時とかに出ます。

また車は4WD車が必須です。松江に来てから、30年間で、5台車を変えましたが、1回だけ、4WD車じゃなかったことがあります。5cmくらいの駐車場の段差さえ上らなかったのにびっくりしました。年に数回のことですが、4WDにしておいた方が安心です。(国道などの主要幹線は除雪されているから大丈夫だが、主要幹線から中に入ると大変)

ただ個人的には、雪が嫌なのは、通勤のときだけで(雪かきもありますが、これはいいトレーニングだと思ってやるので、楽しい)、子供が小さい時はかまくら(東北ほど降らないので、子供一人がやっと入れるくらいの大きさ)を作ったりして、雪が積もることのない大阪で生まれ育ったので、雪が積もるとワクワクします。

(3)冬場は晴れない

山陰の冬は晴れません。冬の間、ずーっと曇り空。知り合いの大阪の製薬会社の人事部長さんに聞いた話ですが、大阪本社から松江支社へ若手社員を異動したところ、うつになってしまったそうで、その社員さん曰く「冬は空がずーっと低いんですよね」と言ったとか、、確かに山陰の冬は晴れません。「弁当忘れても傘忘れるな」っていう地元の格言もあるぐらい。

しかしながら、
1981~2010の年間日照時間は
東京 1876.7時間 松江 1696.2時間
ですが
1981~2010の冬場以外(3月~11月)の日照時間は
東京 1348.4時間 松江 1459.3時間
松江の方が冬場以外は晴れるんです。

感覚的にも松江って梅雨の間もそんなに雨は降らない気もします。

今日はここまで

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。次回はエンジニアとして島根の良いところがご紹介できればと思っています。

荻野哲生(株式会社システムリンク)
荻野哲生(株式会社システムリンク)
東京オリンピックの年には定年退職する予定だったが、(オリンピックが延期されたからではないけど、)今も現役でプログラムを作る毎日。
休日は愛犬ロコと境港で散歩をするのが楽しみ。コロナ以降は仮想空間の無人島で釣りを楽しんでいる。

この記事に関連する求人


Share this post :

島根でエンジニアとして働きたいと思ったら、「IT WORKS@島根」に登録。
島根県内の最新求人情報の紹介や、定住までのバックアップをします。

「IT WORKS@島根」に登録

>> プライバシーポリシー