> リレーブログ > 進化する島根、今後の発展が楽しみ
島根UIターンリレーブログ

進化する島根、今後の発展が楽しみ

株式会社アイティーエスピー

更新日:

こんにちは。株式会社アイティーエスピーの安達と申します。
私は高校卒業後、神戸の専門学校へ通い、そのまま就職して10年以上神戸に住み続けていました。
2019年の1月から島根県へUターンしました。
現在はシステムエンジニアとして仕事をしていますが、元々はホームページの更新や事務処理といった専門ではない仕事をしていました。

島根にUターン

自分が30代に突入した時、まだ転職するチャンスがあるうちに島根に帰って自分のできることを探してみようという思いが強くなり、島根へのUターンを決意しました。
島根県で生活する上で自動車が絶対的に必須のため、10数年ぶりに車の運転を始めましたが、車で行動範囲が広くなったおかげでまだまだ自分の知らなかった島根県が見えてきました。


神戸から一緒に連れ帰った愛猫。実家の犬とは仲が悪い。

まだまだ知らなかった島根

転職後は会社に近い出雲市に住み始めました。
元々高校までしか島根に住んでいなかったのもあって、地元の松江市から県内の他の市へ出かけるという経験が皆無でした。
実際に住んでみた出雲市は大型店舗が松江市よりも多く、道路も整備されているため、松江市よりも住みやすい街だという印象を受けました。

少しずつ変化する島根

近年、出雲市には数多くの大型店や専門店がオープンしはじめているようで、都会ほどではないかもしれませんが今後も発展していくのではと期待感があります。
島根県というと「何もない田舎」というイメージを県外の方も持たれているかもしれませんが、出雲市内や松江市内に住んでいて、都会と比べて不便だなと感じたことはあまりありません。
昔と違って、今はネットさえあれば豊富なサービスが受けられるのも理由の1つです。


イベントは都会ほどではありませんが、こういう大物アーティストが来ることもあります。

再び島根に住んでみて

子供のころと街並みに大きな変化はありませんが、大人になってから見て回ると興味をもつ対象が子供の時よりも増えたため、多くのものが目につき魅力を再確認することができたと思います。
今はコロナ禍のためなかなか気軽にとは言えませんが、ちょっと車を使ってまだまだ知らない島根の町を探検してみたいと思いました。


実家の畑。昔はただの畑としか認識していませんでしたが、今は何か自分でも野菜を作れないかと、違った見方をすることができるようになりました。

 

安達(株式会社アイティーエスピー)
島根県松江市出身。高校卒業後は神戸の専門学校へ通い、そのまま神戸で就職。2019年に約10年ぶりに島根にUターン。現在は株式会社アイティーエスピーでシステムエンジニアとして従事。

この記事に関連する求人


Share this post :

他のリレーブログ記事

島根でエンジニアとして働きたいと思ったら、「IT WORKS@島根」に登録。
島根県内の最新求人情報の紹介や、定住までのバックアップをします。

「IT WORKS@島根」に登録

>> すでに会員の方はこちらからログイン